<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

愛鳥シロの卵!

0

    F1003076.jpg 文鳥が5月1日に生れて、平成27年5月13日に我が家に来て、愛鳥シロと命名!家族の一員となりました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    20190303_5917083.jpg20190303_5917085.jpg

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    20190303_5917087.jpg20190303_5917089.jpg

    愛鳥シロも大きくなり平成30年2月に産卵したので初めてメスと知りました!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    平成30年2月から平成31年2月まてに28個も産卵して元気で飛び廻っています。

    JG1VBD * ファミリー * 14:38 * comments(0) * - * -

    バレンタインデー!

    0

      F1003030.jpg20190215_5897530.jpg20190215_5897528.jpg バレンタインデ―

      に希望のウイスキーボンボン等か愛娘とXYLから届きました。

       毎年美味しく戴いて顔晴っています! 有難う!

      JG1VBD * ファミリー * 08:51 * comments(0) * - * -

      イルミネーション!

      0

        20181128_5805346.jpg20181128_5805348.jpgF1002910.jpg  今年も後一カ月となりました。

         毎年変わりばいもない、イルミネーションをとりつけました。

         LED球なので光らない球もありますが、4種類をアルミフェンスに張り付けました。

         日中は見栄えが悪いですが、夜間は綺麗に光っててます。

         点灯は日没にONになり節電して4〜5時間で自動OFFに設定しています。 

        JG1VBD * ファミリー * 16:12 * comments(0) * - * -

        シロ産卵!

        0

          20181201_5809049.jpg20181126_5802851.jpgF1002894.jpg 20181125_5801217.jpg20181125_5801219.jpg 我が家の愛鳥のシロが25日巣の中に卵一個産んでいました。

           初回は、2月5・6・7日の三日間で三個産みました。

           平成27年5月1日に生れ、五代目シロとして5月13日当局宅に転移しました。

           今は屋内を自由にとびまわっています。

           

           巣の中に入っておとなしくしているようでしたが、26日の朝に二個目の卵が巣の中にありました。

           

               追伸!29日に産卵して今月5個となりました。産卵後も元気に飛び回っています。

           続いて12月までに10個となりました! 幾つ産んでも使い道!ないよと言い聞かせています。

           

          JG1VBD * ファミリー * 09:17 * comments(0) * - * -

          自動精米機!

          0

            F1002819.jpg
            20181007_5736805.jpg 今年は天候が不順でしたが、美味しいお米コシヒカリを戴きましたので早速、押堀にある

             自動精米機で無洗米に精米して来ました。20181007_5736824.jpg

            JG1VBD * ファミリー * 11:19 * comments(0) * - * -

            梅干し作り!

            0

              F1002665.jpg 空き地に植えた梅の木が大きくなって小粒の梅の実が沢山なっていました。

              6月の上旬に収穫した梅を漬けました。

               梅酢もできました。

              F1002664.jpgF1002663.jpg 今年は梅雨明けが早かったので、早速物置きの上に天日干ししました。

               3昼夜干して・・・梅干しを作りました。

              JG1VBD * ファミリー * 11:31 * comments(0) * - * -

              非常電源の発電機!

              0

                F1002630.jpgF1002632.jpgF1002631.jpg 久しぶりにホンダの発電機を起動しましたが、エンジンが始動しました。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 半年以上エンジンを始動させなかったボケバイ なので、何度も紐を引きましたがエンジンが始動ぜす、息が切れました。

                JG1VBD * ファミリー * 10:07 * comments(0) * - * -

                我が家の菜園!

                0

                  F1002633.jpgF1002636.jpgF1002637.jpg F1002634.jpg 花畑を野菜畑に変身して、キュウリや小松菜を栽培しました。

                  他にもトマト・ナス・インゲン・ピーマン・オクラを少しづつ栽培しています。

                   買った方が世話なしですが、自作品を食べるのも良いもんです。

                  無農薬で育ったキュウリは味噌つけて、バリバリと食べました。

                  JG1VBD * ファミリー * 10:01 * comments(0) * - * -

                  愛鳥シロ産卵!

                  0

                    F1002427.jpgF1002431.jpgF1002421.jpg 愛鳥のシロが3年ぶりに、産卵しました。

                    雄かと思っていましたので、びっくりしました!

                     F1002428.jpgF1002425.jpg2月5日・6日・7日の三日間で3個も産みました。

                    卵1個の目方は2グラムで、シロの目方が29グラムだと産卵前です。

                     これから何個産むかが心配です。

                    JG1VBD * ファミリー * 13:30 * comments(2) * - * -

                    節分に恵方巻き!

                    0

                      F1002404.jpgF1002405.jpgF1002407.jpgF1002406.jpgF1002403.jpg 今年は、恵方巻きを注文しなかったので、セブンで買い込みました。

                       今年の恵方は、南南東と言われましたので、縁起をかずいて恵方と言われる方角を向いて巻き寿司を食べました。

                       

                      節分は季節の変わる時…立春の前日の大寒の最後の日を節分、2月3日となっていまする。

                       門戸に、ひいらぎの枝にいわしの頭をつけて飾り、日暮れに豆まきをして厄払いをする習慣があります。

                      JG1VBD * ファミリー * 14:23 * comments(0) * - * -
                      このページの先頭へ